「VR忍者道場」に見るマーケティング戦略!〜日本人無料が生む効果とは〜

どうも、しゅん(@shunwtp)です^^

 

2019210日に東京・神田にVR忍者道場」というVR体験型エンターテインメント施設が開設されます!

 

公式サイト(https://vr-ninja.jp)「VR忍者道場」において第一弾プロモーション動画も配信しています٩(ω’ )و

 

その動画はこちら!

結構本格的でこの動画の45秒からのアクションと映像が交互で映されるのは、外国人の人は興奮するんじゃないかなと٩( ‘ω’ )و

今回はこの「VR忍者道場」がやっているマーケティングをぼく視点で見ていきましょう!

 

2020年の東京オリンピックに向けて開設

VR忍者道場」は完全に外国人向けのサービスになっていますし、開設は20192月。

 

東京オリンピックの1年半前という最高のタイミングでの開設となります。

 

東京は特に外国人向けのサービスはどんどん作っても自然と流行っていきますし、2020年に絞ってサービス展開していくことも全然アリです( ̄Д ̄)ノ

 

クロ
クロ

外国人向けのサービスは東京だけが流行るのかしら?

しゅん
しゅん

東京がメインになるけど、そんなことないよ!

どの地域も外国人向けのサービスを作って良いと思うよ。ただ、その土地にあったサービスを提案すべき!

日本人無料の真意とは!?

実は、この「VR忍者道場」ですが

外国人を連れてきた日本人は無料なんです!

条件があるそうです。

 

「日本人だと正直忍者といってもあんまり興味ないですし、

わざわざお金を払っていくのは・・・」

 

みたいな人って多いと思うんですよね。

少なくともぼくは興味がありません!ww

 

ですが、この外国人を連れてくることで無料になるというのが

マーケティングにおける大きな引き金になると考えています٩(ω’ )و

 

日本人も行くことで「日本人のレビュー・口コミ」というのができます。

 

本来外国人向けのサービスの場合は、

外国の人ばかりのレビューや口コミになることが多くあります。

 

そこにしっかりと日本人のレビューや口コミがあることで、

外国人の評価も上がります。

 

そうやって広告効果を持たせるために

「外国人を連れてきた日本人は無料!」という形にしているんじゃないかと考えています^^

 

クロ
クロ

日本人無料にはこういった狙いがあるのね!

しゅん
しゅん

あくまでぼくの予想だけど、結構当たってると思うよ!外国人向けサービスがこれから乱立してくることが予想される中で日本人の評価がちゃんとあることが価値になってくるんじゃないかって思ってるよ٩(ω’ )و

まとめ

必ず面白いサービスにはマーケティング戦略がちゃんと組まれています。

 

こういった新サービスには目を配らせるようにすることで

自分のビジネスやサービスのヒントにもなります。

 

今回の「VR忍者道場」も外国人向けサービスの中にも

日本人が足を運んでもらえるようなキャンペーンを入れることで、広告効果を狙ったマーケティング戦略が含まれています。

 

2020年の東京オリンピックをめどに、この「VR忍者道場」がどこまで人気になるか楽しみですね^^

 

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください