アンダードック効果(負け犬効果)を使ったブレイブストーリー戦略

あなたはどん底の主人公が

成長していく過程を見るドラマや映画は好きですか?

 

実は、これこそが

アンダードック効果(負け犬効果)を使ったブレイブストーリーです。

 

では、あなた自身がアンダードック効果(負け犬効果)を使った

ブレイブストーリー戦略はどのような場面で使えるのか?

説明しましょう。

 

アンダードック効果(負け犬効果)とは?

このアンダードック効果(負け犬効果)とは、

劣等的な状況に対して同情を覚えさせる行動心理学です。

 

アンダードック効果(負け犬効果)の例え

・身障者

・貧乏

・借金がある

・背が低い

・モテない

 

など、

ハンデがあるもしくはコンプレックスがある状態と思ってください。

そして、このハンデもしくはコンプレックスがブレイブストーリーによく使われる。

 

ブレイブストーリーとは、

劣勢の状態から成功する、もしくは成長していくストーリーのことです。

 

先ほど説明したアンダードック効果(負け犬効果)の中の

ハンデもしくはコンプレックスを利用します。

 

アンダードック効果(負け犬効果)を使ったブレイブストーリー例

 

・モテない男子に彼女ができるまでのストーリー

・内定辞退した若者がフリーランスで成功していくストーリー

・借金持ちが完済するまでのストーリー

・脱サラして起業し、成功するストーリー

 

〇〇(良くない状態やコンプレックス)だけど、

それを跳ね返して目標に向かって成長・成功いくという流れです。

 

ブログにしても、ツイッターにしてもその目標に向かっていく

【過程】を見せることで、

 

あなたを見届けたい!面白い!

 

と思ってもらえる。

 

するとそういった人達が

読者やフォロワーといった形で応援してくれるようになります。

 

読者やフォロワーを増やしたい場合は

コンプレックスやチャレンジすることを宣言しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

あなたが抱えているコンプレックスや悪い環境、状態というのを

ストーリーとして戦略的に利用することで

多くの人の心を動かすことが出来るのです。

 

アンダードック効果(負け犬効果)を使ったブレイブストーリー戦略で

人生の成功ストーリーを描きましょう!

 

まだあなたのストーリーは始まっていないかもしれません。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください