プロダクトアウトvsマーケットインどちらが良いの?

あなたが持っているスマートフォンは何ですか?

 

iPhoneですか?

それともxpediaですか?

 

普通のスマートフォンの人もいるかもしれませんね。

では、スマートフォンの始まりはどこだったのでしょうか?

 

答えは、iPhoneです。

iphoneはアップル社が出しているスマートフォンで全世界で大流行しています。

 

今回紹介するプロダクトアウトとマーケットインで言うと、

iphone”プロダクトアウト”のやり方です。

 

そして、その反対がマーケットインというやり方。

でも、この2つでぼくがオススメするのは【マーケットイン】です。

 

初めてコンテンツを制作して販売する場合には

マーケットインでないとリスクが高いんです。

その理由を今から説明していきます。

 

プロダクトアウトとは?

プロダクトアウトは、企業や個人が商品開発や生産を行う上で、作り手の理論や計画、考え方を優先させる方法。

買い手(顧客)のニーズよりも、「作り手がいいと思うものを作る」・「作ったものを売る」という考え方。

ぼくはこのプロダクトアウトを説明するときは、

【自ら池を作ってそこに一石を投じるやり方】だと言います。

 

要は顧客=市場のニーズを優先せず、

作りたいものを作って世に出すやり方なので

ある程度のネームバリューやブランド力がある場合には有効です。

 

iphoneはまさにこの「プロダクトアウト」のやり方で世に出しています。

 

極端に言うと、

「こんな携帯あるけど、みんなどう?」

って世に投げかけて世間から認められたことで

スマートフォンという概念が生まれ、

後続の企業が出て来ました。

 

「プロダクトアウト」は非常に当たれば大きいですが、

外れる可能性もあります。

 

プロダクトアウトのメリット

新しい市場を開拓することで、

先駆者としての利益を得やすいことです。

 

新市場でのノウハウを構築するだけでなく

莫大な利益を得る可能性があるやり方です。

ユニたろう
ユニたろう

なるほどね!

でも、これってヒットしなかったらどうするの?

しゅん
しゅん

そうなんだよね・・・

大きな利益を見込めるけど、外れたときは・・・って感じだね;;

プロダクトアウトのデメリット

ニーズに応える商品やサービスじゃない場合

不発に終わるリスクがあることです。

 

自分が「絶対ヒットする!」と思っても、

顧客が反応しなかったら結局は意味がないです。

 

しゅん
しゅん

ネームバリューやブランド力がある企業とかは勝負しても勝算あるんだけどね。。。

ユニたろう
ユニたろう

結構大きく勝負するパターンが多いんだね!

マーケットインとは?

マーケットインは、顧客=市場のニーズを優先して顧客の声や視点を重視して商品の企画・開発を行い、提供すること。

プロダクトアウトとは対義語で、「顧客=市場が望むものを作る」・「売れるものだけを作り、提供する」という考え方。

ユニたろう
ユニたろう

こっちの考えの方が商品とかサービスが売れそうだね!

しゅん
しゅん

そうだよ!

顧客=市場のニーズに答えた商品やサービスを提供するからね^^

マーケットインのメリット

顧客=市場ニーズに応えることで、

求められる商品やサービスを提供することができるので

安定して供給することが可能です。

 

ぼくはコンサルやコーチングで教える時は、

まずは「マーケットイン」の考え方で商品開発をして行くようにしています。

 

初めて商品やサービス、コンテンツを提供するのであれば

絶対こちらの考え方にした方が最適です。

ユニたろう
ユニたろう

メリットはわかったけど、デメリットってあるの?

しゅん
しゅん

デメリットもそれなりにあるんだよこれが。

でも、どちらかというと企業とか大きな組織の場合だね!

マーケットインのデメリット

デメリットとしては、

顧客=市場が望むものだけを作るため、革新的なものが生まれにくく真新しさを表現しづらいことです。

 

多くの個人や企業がこの考え方に囚われ、

同じような製品やサービスが蔓延するというのがどの業界でも挙げられます。

 

つまり市場がコモディティ化し、

価格競争が激化して利益が生まれにくいという悪循環に陥る可能性もあります。

 

ただ、企業などの大きな組織ではない場合は

そこまで大きな心配をする必要はありません。

 

個人が最初の取っ掛かりとしてビジネスをするには

「マーケットイン」の考え方で商品やサービスを作っていくことが重要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

【プロダクトアウト】【マーケットイン】のメリット・デメリットについて解説して来ました。

 

それぞれの良さはありますが、

まず初めの取っ掛かりとして

【マーケットイン】の考え方で商品やサービスを作ってリリースし、

 

その後利益を安定的に生み出しながら

【プロダクトアウト】の考えで商品やサービスを作って

世に出してチャレンジする流れの方が個人的にオススメです。

 

なので、今から自分の商品やサービスを作るのであれば

【マーケットイン】の考え方で作っていきましょう。

 

次回は【マーケットイン】の考え方で商品やサービスを作る際の

「顧客=市場が何を求めているのか?」の記事を書きます。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください