潜在ニーズを掘り起こし、お客様は「気付いていない自分の欲求」を気付かせる4つの要素を学ぶ!

どうも、WEBマーケターのしゅんです。

 

現代の日本社会には、

物や情報に溢れていてお客様は

本当に欲しい物というのが分からないと言うのが現状です。

同じような商品やサービスが乱立していてあまりにも選択肢があることで”逆に選べない状態”になっているんです。

 

ですが、全体の80%以上はこのような人なので何とかして気付かせてあげないとあなたの商品やサービスの良さを知らせることが出来ません。

そこで本日は本来人間が持っている【潜在ニーズ】の掘り起こすべきアプローチ方法を記載します。

(この記事は3分で読むことが出来ます)

 

心にしまい込んだ興味

この記事を見ているあなたは生まれてきて20年以上の月日が経っていると思います。

 

育ってきた環境もあるかと思いますが、今まで諦めてきた「夢」、「趣味」、「憧れ」というものがあるのではないでしょうか?

 

歳を取るにつれ社会の常識にまみれ、家族を持ち子供のために頑張って働き自分の「夢」を諦めた人がどれだけいるのでしょう。

 

そういった感情というのは誰しも持っていて大人になるにつれ心にしまい込んでしまうんです。

 

お客様の興味を惹くには、こういった「夢」、「趣味」、「憧れ」に関連した文章を書くことで興味を持ってくれやすくなります。

 

ぜひ、あなたの商品やサービスを絡めて意識して文章を書いてみてください。

 

隠してきた不安や不満

次に掘り起こすのは「不安」や「不満」です。

 

これは表面的なもの(例えば社会経済、国の財政、世界情勢など)や今まで隠してきたところに刺さるようなものを明確にすることでより興味を持ってもらえます。

 

よくあるのは、「お金」、「健康」、「子供のこと」、「老後」など。

”なんとなーく”考えているものをいかにそれが危ない考え方なのか?

 

そして、その問題をどうすれば解決してあげられるのかと言う解決策の提示が重要になります。

 

売れる商品やサービスは基本的には「便利にする」というもの以外に、

「困っていること」や「悩んでいることを解決する」ものです。

 

不安を顕在化させ、その問題を解決するための策を提示することでお客様の不安や不満を解決出来ます。

 

それがより良いものであればその商品は売れます。

 

心の奥深くに刻まれた思い込みやタブー

小さい頃に「ゲームのやり過ぎは目が悪くなるよ」と親に注意されて、ゲームのやり過ぎが目の悪さを助長していると思っている人がいるようにあなたも生まれて今まで様々な「常識」と言うものに触れてその中で生きてきました。

 

ですが、そういった思い込みというのは事実とは異なることが往々にあります。

他にもお金持ちは何も努力なんてしていない。元々金持ちだったんだ!っていう人もいますが、実際には死を覚悟するような経験をしたり、泥水をすするような生活をしてきた人もいます。

 

様々な事実をお客様はわかっていないだけなんです。

そもそも世の中の表側にそう言うことは出てこないんですよ。だから知らなくて当然です。

 

あなたがやるべきことは、まず日常に溢れる「常識」や「思い込み」、「タブー」というものが”実はそんなモノ無いんだよ”ということを明確に、理由を添えて説明してあげるべきです。

 

商品やサービスを利用することで

その「常識」や「思い込み」、「タブー」をどのような形で変え、お客様に変化を与えるのかを明確にすることが重要です。

 

疑いのない習慣を壊し、新しい習慣と違う習慣を入れる

上記で記載した「常識」のところがここに当てはまります。

 

お客様が生活する中の常識、特に社会人生活での「習慣」というのがどれだけ的外れなことをしているのか?、どれだけ意味のないものなのか?ということを教えてあげることが大切です。

 

正直、会社員生活”だけ”している人はその会社や今まで所属してきたコミュニティの常識がその人の常識になっています。

 

変わりたくても変われない人の多くはこの「習慣」に疑問を持たず、何も考えていないからいつまでも自分の理想の生活に近付けず不満や愚痴を言うだけの人になっていくのです。

 

もっと広い社会があること、考え方や価値観があることを提示することでお客様が過ごしてきた今までの「習慣」にメスを入れることが出来ます。

 

そこに対して一貫したあなたの価値観をまっすぐ伝える続けることでお客様の習慣を壊すことが出来ます。

 

壊してしまえば、代わりに入るのは「あなたが提案する習慣」になります。

 

そうなればあなたの考え方や想いが”スッと”入るようになります。

 

なぜなら、あなたの習慣にはあなたの価値観も含まれているからです。

すると途端にあなたの考えに共感したり、ファンになってくれます。そして、あなたが提案する商品やサービスをお客様は喜んで購入することになります。

 

まとめ

今回は「潜在ニーズ」の起こし方について解説してきました。

 

この4つの要素はメルマガやLINE@、LPやセールスレターにも応用できる部分になりますし色々な人のメディアを勉強してみると面白い発見があるかもしれません。

 

僕はこの4つの要素は商品やサービスを販売するときには結構強烈に書きます。もちろんやり過ぎにはならないようにはしていますが、ふんわりしたコピーを書いてもなかなか刺さらないんですよね。

 

強烈なコピーと1人に対して書く意識、そして読みやすい文章さえあれば一先ずは合格です。

 

そのあとは様々なLPやセールスレターを”意識しながら”写経し続けることで書く技術が付いてきます。

 

自分の商品やサービスを販売している人は絶対に必要な技術ですので、この4つの要素は覚えておきましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください