マーケティングをする上で大事な3つの心得

どうも、しゅん(@shunwtp)です。

 

【マーケティング】と聞くと”難しいことをしそう”って思う人もいるかもしれませんが、一切そんなことはありません。

一つ伝えておくと、頭はめっちゃ使います!

 

なぜ、マーケティングは頭を使うのかというと

マーケティングには答えがない(正解がない)から数パターンの方法を常に考えて試し、

そしてそこで得た数字を元に新たにマーケティングをしなければいけないからです。

 

では、そもそもマーケティングってなに?

マーケティングって色々な業種・業態で意味合いが違ったりもしますが

wikipedia先生はこのように定義しています。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

出典:wikipedia

 

ここに書いてある通り、

「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念のことを指します。

 

マーケティングは、商品やサービスを作ってそれをお客さんに届けてその価値を得て満足してもらうところまでの総合的なものになりますので非常に言葉の意味は広くなります。

 

もっと簡単に言うと、

人が本当に必要としている商品やサービスを考えて

どうやったら自分が届けたい相手にその商品やサービスが届けられるのか?

 

これを考えるのがマーケティングです٩( ‘ω’ )و

 

マーケティングの心得①:自分が欲しい商品やサービスを考える

自分と同じような人が全国で最低でも1000人いると考えましょう!

まずは、あなたの今の状況を書き出してみて

その中でどんな商品やサービスがあったら嬉しいかを書いてみよう。

 

・会社員

・借金がある

・3日坊主で続かない

・ブログが継続できない

 

とか何でもいのでのを書き出してみましょう。

そこから例えば、

1.会社員でもブログを継続できる秘訣をオンラインサロンという形で提供したり、

2.借金がある人にどうやったら借金の返済を減らせるかを教えてあげるとか

 

そんなのでも全然いいんです。

実際に1.2のサービスすでにはあります。毎月一定額を課金するものだったりするオンラインサロンも、アフィリエイトで借金返済のシミュレーションをするものを紹介するのも立派なマーケティングです。

 

だって、それを欲しいと思っている人に的確に合った商品やサービスを提供できていますからね!

アフィリも自分でコンテンツ作って売るときにもマーケティングの考え方を意識しておきましょう^^

 

マーケティングの心得②:プロダクトインよりもマーケットインの考え方でコンテンツを作るor提供する

プロダクトアウトとマーケットインについてはこちらの記事を読んでください。

 

プロダクトアウトは、大企業とか有名企業が超リスクを負ってやるマーケティングですので
スタートアップ企業がやると大半がヤケドします(もちろんニーズがあればヒットします)。
プロダクトインはその点ニーズがあるってわかっている市場に商品やサービスを投下するので、
少しはヒットします。
そこからの微調整もやりやすいので初めて事業する人や自分の商品やサービスを作る人は
まずマーケットインの考え方で商品を考えよう!

マーケティングの心得③:届けたい相手を明確にし、超親切な商品やサービスを心掛ける

稼ぐということは、あなたが相手にとって【価値】のあるものを提供することで対価としてお金をもらうことで稼ぐことができます。

 

簡単に表すと【価値提供】→【お金】に変わるということです。

 

そして、どんなに良い商品やサービスでも

相手に伝わらないと全く意味がありません!!!

 

なので紹介する文章は丁寧に、小学6年生にもわかる文章で書くこと。

サービスは内容も大事だけど主に”サポート”を重視して方が良いです。

 

ネットビジネス全般に言えることは【サポートがずさんであること】が非常に問題です;;

 

もちろん商品内容が大事なのはもちろんですけど、

サポートがしっかりしていれば”クレーム”になることもないですし

何より自分が【あったら良いな】を実現させることができるところが自分で商品やサービスを作っていく醍醐味の1つでもありますからね!

 

だから、商品内容+商品やサービスを丁寧に説明しサポートも充実させることを考えましょう^^

 

まとめ

3つの心得を持っておくことを説明してきました。

 

①自分が欲しい商品やサービスを考える

②プロダクトインよりもマーケットインの考え方でコンテンツを作るor提供する

③届けたい相手を明確にし、超親切な商品やサービスを心掛ける

 

難しく考える必要はなくて、

自分がお客さんだったらどんな商品で、どんな文章で、どんなサポートがあったら買うだろうか?

 

これだけをまずは考えてください。

 

マーケティングの手法とか集客の方法とかを考えたり学んでも、

この本質的な【誰かのため、届けたい人のために商品やサービスを作る】というところが抜け落ちてしまうと、良い物も売れなくなってしまいます。

 

手法ばかりに目を向けずにもっと【本質】に目を向けてください。

 

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください