マーケティングで重要は3つのこと

どうも、しゅんです。

 

最近WEBマーケティングを得意としています!という声をよく耳にする機会が増えてきました。

そもそも「マーケティングって何?」とか「WEBマーケティングとマーケティングは違うの?」という声もありますが、基本は同じです。

 

人によって概念が違うのが「マーケティング」でもあります。

そんなマーケティングですが、学べば学ぶほどあなたの可能性は広がります。

 

ではなぜマーケティングがあなたの可能性を広げるのかを、タイトルの「3つの視点」を交えて解説します。

 

マーケティングとは売らずに売れる仕組み

売らずに売れる仕組みを作るというのは、極論「相手の心理や感情をコントロールすること」でもあります。

 

WEBマーケティングであれば、セールスレターやランディングページと言ったもの。

リアルのビジネスであればお店の看板や広告、チラシなどの文章からデザインまで全てこの「マーケティング」というものが意識されています。

 

相手(お客様や見込み客)がどうやったら、「商品やサービスを購入するか?」「店舗に足を運んでもらえるか?」などを考えます。

 

そのために今回の記事タイトルでもある3つの視点」が重要になってくるのです。

 

マーケティングの【視点】

これは物事を見る「視点」です。

どの立場から見るかによって変わってきます。

 

お客様の視点、販売者側の視点、商品やサービスから見た視点など様々な視点を考えることで、より求められているものを提供できたりします。

 

「視点の移動」が出来る人は、

マーケティングが上手い人でもあります。

 

どの立場になっても、その人やモノの気持ちが分かるということなので。

気持ちが分かれば欲しい商品やサービスが何かが分かるので、作れば売れますよね。

 

マーケティングが上手い人はそう言ったことをが出来る人なのです。

 

マーケティングの【視座】

視座とは、物事を見る高さのこと。

基準値という意味合いでも使われることが多々あります。

 

例えば、痩せようとした時に視座の高い人と視座の低い人では、このような解答の差になることがあります。

 

視座が高い人

・脂肪吸引する

・トレーナーを付ける

 

視座が低い人

・食事制限をする

・ランニングをする

これは例えばの話なので、ご了承ください。

 

要はお金持ってる人は、「努力しなくても脂肪を取ってしまえばいいじゃない?」とか「ちゃんとしたトレーナーを付けて、短時間で痩せよう!」と考えるんです。

正直僕でも痩せるなら「ちゃんと運動して痩せる」と解答します。

でも、視座が高い人はそもそも【見ている世界】が違うわけです。

そう言った視座を高く持つことで、

基準値が上がる。

 

基準値が上がるとやることのクオリティも上がるし、どんなビジネスや副業でも成果を出すことができます。

 

マーケティングの「角度」

角度とは、物事を見る角度のこと。

10円玉を正面から見たら「◯」ですが、横から見たら「|」に見えます。

 

他にもコップを視点合わせて見てみたら、取っ手の付いているのか付いていないのか?も角度によって分かりますし、見た目も変わります。

 

既存のものを見た時に、

必ずこの角度を意識して見るようにしましょう。

 

もしかすると、違う見え方からあなたなりの何かが生まれるかも知れません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マーケティングを勉強することによってどんな結果が生まれるのか?

 

そして、マーケティングに大切な3つのこと(「視点」・「視座」「角度」)について少しわかったかと思います。

 

これからも、マーケティングが出来る人が人生勝っていきます。資本主義が続く限り間違いなくそうなります。

 

何もスキルがない人こそ身に付けるべきですし、ノウハウを持っている人はマーケティングを学ぶことで大きな収益を上げることが出来るチャンスを手に入れることが可能になります。

 

僕はこれからもマーケティングについて勉強し、このブログでアウトプットしていきます。

あなたが少しでもマーケティングを学んで頂けるように精進して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください