ランディングページ(LP)の基本構造と抑えておく4つのこと

どうも、しゅんです。

ランディングページ(以下LP)という言葉を聞いたり、

見たりしてこのページを見ているかと思います。

 

LPとは、

【ユーザーにアクションを促すことを特化したページ】

のことを言います。

 

そして、リストを半端な確保するために必要なページでもあります。

LPをしっかり作り込むことで

獲得出来るリストの漏れをなくす事が出来ます。

 

LPの流れである基本構造、

CTA(Call To Action)などのアクションについて解説していきます。

ぜひ、この記事を読んでから続きを見ると

LP作成が捗ります

→マーケティングの基本概念について

 

LPの基本構造

LPの基本構造は大きく分けると3

①ファーストビュー

②ボディ

③エンド

3つから構成されます。

CTA(Call To Action)ボタンとは、
このようなボタンになります。

主な目的は、
・「メールアドレスの取得」
・「購入ページへの誘導」
・「プレゼント応募フォームへの誘導」など

目的によって文言もボタンも変わります。

①ファーストビュー

にゃん騎士
にゃん騎士

ファーストビューってなんのことだい?

しゅん
しゅん

ファーストビューは、
ユーザーがLPを開いて最初に目に入る部分のことだよ!

にゃん騎士
にゃん騎士

名前のまんまだね!

しゅん
しゅん

そう!だけど、このファーストビューがちゃんと考えられていないと90%以上ユーザーが離脱するんだよ;;

「キャッチコピー」「コンセプト」「リード文」

ユーザーを惹きつけるようにしよう!

参照:TONOSAMA

 

価値のあるSEO対策を格安で。

キャッチコピー+コンセプト

SEO対策を毎月2400円~

リード文

 

この情報だけで、

・「SEO対策がしたい人や企業」

・「安く任せたい人や企業」

上記の対象(ペルソナ)なのがわかりますね。

 

明確に誰が見ても

この文章はどんな人が対象(ペルソナ)であるかが、わかるようにしよう。

 

②ボディ

一番長くユーザーを説得していく場所

 

悩みの明確化

改善策(その商品がその悩みを解決する)

顧客の声

販売

 

この流れが基本的な流れになる。

商品やサービスを開発する段階で「悩み」や「不満」を考えているはずなので、

それを元に明記しよう。

 

ライティングスキルなどを気にする人もいるが、

LPに必要なのはわかりやすさと構成要素を抑えること。

ここを抑えよう。

 

③エンド

にゃん騎士
にゃん騎士

最後のエンドには何で最初に出てきたCTAが出てくるの?

しゅん
しゅん

それは、CTAを最後に入れておくことで順番に見ていった先でそのボタンを押す可能性が高いからだよ!

にゃん騎士
にゃん騎士

そうなんだ!あと、限定性と希少性ってそんなに大事なの?

しゅん
しゅん

めっちゃ大事だよ!

最後に持ってきても良いし、逆に一番上のファーストビューで表示させることも良いね!方法は多種多様なんだ^^

 

CTAを最後に入れるのは、

ユーザーに順番にLPを読ませて

その商品に対しての教育を済ませて欲しい状態にさせておけばCTAを押してくれる。

だから、最後にもCTAを入れる。

 

入れすぎるとクドくなってしまうため
CTAは多くてもLP内に3つにしておこう。

「限定性」と「希少性」は、

 

・〇〇人限定!

・募集期間は残り〇〇時間!

 

定量的な数字を入れること、

期限を設けることでユーザーを心理的に焦らせることでCTAに促していきます。

 

様々なLPを見て勉強しよう!

LPの基本構造と役割について話をしましたが、

理解できましたでしょうか?

 

大事なことを復習しましょう!

①ファーストビューが一番大事

②誰が見てもこの文章はどんな人が対象なのかわかるように書く

LPに必要なのはわかりやすさと構成要素を抑えること

④「限定性」と「希少性」、顧客の声は絶対に入れるべき

 

LPはこうやって見て勉強するのも良いです。

なので、様々なLPを勉強しましょう。

 

僕はこのページを参考にいつもしていて、

様々なLPを見ることができます。

ランディングページ集めました

 

また、手書きでランディングページの構成デザインを

書いて見ると非常にわかりやすいです。

 

そこから、

「ファーストビューのキャッチコピーはこれで~」とか

「ボディの内容はこうが良いかなー」など

色々な考えが出てきます。

 

全体像の把握をしてから細かいところをやっていく。

 

鷹の視点で物事を見て、

蟻の立場で現場(実際の文章や画像)で動く。

 

そうすると今まで見えなかったものが見えて、作業も捗ります。

 

ぜひ、LPを作れるようになりましょう!

LPが作れればリスト取得も商品を売ることも簡単になります。

 

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください