【起業したい人必見!】神速スモール起業まとめ-ビジネスプラン編-

どうも、しゅん(@shunwtp)です^^

 

起業したばかりの人が直面する問題が

「ビジネスプランをどうするか?」という問題です。

 

様々な商品やサービスが飽和している現在で

どれだけお客さんのニーズに合ったビジネスプランを創ることができるか?

 

今回は小山竜央さん著書の「神速スモール起業」のレビューとして

ぼくの解釈を含めて解説していきます。

 

この記事を読むことで、

・好きなことをビジネスにすることができる

・準備するものがわかる

・文章の書き方や見せ方がわかる

 

もっと詳しく知りたい!という方は

本書を購入して読んでください。

 

1時間集中すれば読み終える量ですので、

通勤・通学・就寝前などを利用して1日で読み終えて

実践することをオススメします^^

 

7つのステップでビジネスプランを創る!?

①好きなことの中の”不”を探し出す

②少人数をターゲットにする

③プレゼントを用意する

④ビフォー、アフターを見せてワクワクさせる

⑤初心者向けに

⑥写真、場所を公開し自分を出していく

⑦イメージできるように「旅のしおり」を用意する

 

好きなことの中の”不”を探し出す

まず前提として”誰のための商品やサービスなのか?”を

明確にする必要があります。

 

お客さんに【これわ私のこと言ってる!私のための商品・サービスだ!】って

思わせることができればあなたのビジネスは上手くいきます。

 

例えば、ダイエットを個別指導するビジネスをしたい場合に

対象となるお客さんの悩みを描くところから始めましょう。

 

・太っていてモテない

・健康診断で医者から痩せろと言われた

・彼女、奥さんにかっこいいと言われたい

 

上記の悩みを告知文にするには

・スリムな体型になりモテたいあなた!

・医者に痩せろ!と言われたあなた!

・彼女や奥さんにかっこいいと言われたいあなた!

 

このように悩みに対して、

解決できますよ!という提案をしてあげることで

お客さんは欲しい、興味があるという状態になります。

 

特に、

【不平・不満・不具合・不完全・不似合い・不都合】

これらを挙げていけば必然と出てきますので

意識してアイデアを出していきましょう。

 

少人数をターゲットにする

ビジネスプランを組むときにありがちなのが、

「より多くの人に商品やサービスを届けたい!」という思いが強くなり、

結局誰からも見られないものになってしまうことがあります。

 

ちょっと勇気がいりますが

超少人数=究極1人に対してのサービスを創るようにしてください。

 

そして、専門性を出すことでよりターゲットを絞ることができます。

 

そうすることで他の商品やサービスとの差別化ができるし、

料金が多少高くても「この商品やサービスが欲しい!」と思ってもらうことができます。

 

プレゼントを用意する

これはよくあるパターンですが、

「無料オファー」というものです。

 

登録したり、来場してくれた人に

プレゼントを渡すパターンです。

 

マーケティングのフローの中に

【実益を感じさせる】フェーズがあり、お客さんにとって実益を感じてもらえるプレゼントを用意することでこのフェーズを満たすことができます。

 

インターネットビジネスならPDF、音声、動画など

1回作れば不特定多数の人に渡すことができるので

こう言ったものを使うのが非常にいいです。

 

ビジネスモデルによっては手作りのものを

作って渡すこともありです。

 

そちらの方がお客さんとも関係性をすぐ築けます。

 

ビフォー、アフターを見せてワクワクさせる

わかりやすい例えで「RIZAP(ライザップ)」のCMが良い例です。

 

太っている痩せる

 

この劇的なビフォー、アフターを見せることで

お客さんはRIZAPに参加するとこうなるんだ!とイメージできます。

 

もっとも重要なのは、お客さんにイメージさせることです。

 

写真、動画、文章

どんな方法を使っても良いですがお客さんにイメージさせることが大事。

 

初心者向けに

お客さんは難しい商品やサービスは興味ありません。

 

だから、初心者向けのサービスを提案することが大事です。

 

また、ネットでは情報が溢れているので

見てもらえる可能性は少なくなります。

 

そこでこの要素を含めた上で

5秒で理解できる広告文章を考える必要があります。

 

・誰に

・何を

・どうやって

 

それとお客さんは失敗したり損したり、不安に思うのが嫌なんです。

 

だから、あなたはお客さんに対して安心を売ってください!

例えば、「全額返金保証」とか「初心者でも安心です」「一緒に頑張りましょう!」など

 

ここに入っても損しない!、一緒に頑張ってくれるなら・・・

安心ということを伝えましょう。

 

写真、場所を公開し自分を出していく

お客さんは先ほども伝えましたが、不安なのです。

 

あなたがどんな人でどんなことをしているのか?

どこでどんなことをしているのかを知ることでお客さんにイメージさせ、安心感を与えることができます。

 

SNSを公開して自分がどんな人かを見せるのも

お客さんにとっては安心するのでオススメします。

 

顔出しできない人は専用のアカウントを作成することで代用できます。

 

イメージできるように「旅のしおり」を用意する

これは最後のダメ押しでよりお客さんに安心してもらうためのものです。

 

商品やサービスを受け取る流れを

細かく説明してあげることで購入後スムーズに受け取ることができます。

 

加えて商品を購入したり、

サービスを利用した先の未来を提案してあげることもすごく重要です。

 

ストーリーを相手に見せてあげましょう。

まとめ

ビジネスプランを創る上で必要な7つのステップについて

ぼくの意見も含めて説明しました。

 

これを見ただけでも自分のビジネスを展開できる準備はできます。

 

これだけのノウハウがあっても、

「なるほどなー」とか「勉強になった!」と言うだけで終わって実現しない人が90%以上です。

 

ここでわからなくても実行していく人が

成功していきます。

 

ぜひ、この記事を見ているあなたは

行動して自分のビジネスを展開して欲しい。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください